実践可能な事前の計画を立案することは減量を成功したと言えるようになるために絶対必要です。78-10-130

何かを失敗させないようにするためには事前に考えておくことが大切になってくることは、理想の体型維持に特化したアイデアではないはずです。78-11-130

理想の体実現のスケジュールを考えておく前に、理想の体型維持が何を達成している状態が達成したと言えるのかを考えましょう。78-6-130

最初に体のスリム化のために必要なポイントがどの到達点であるべきなのかを考えることが、理想の体型維持の実現するための第一歩と言えます。78-3-130

数値を用いてできるだけ絞り、ゴールとなる日時も考えておきます。78-20-130

ちょっと達成の期限は余裕を見るくらいがちょうどよいのではないでしょうか。78-18-130

中止することなくカロリー消費や食事改善が実現可能ではありませんし体のスリム化には停滞期があります。78-7-130

取得するカロリーを減らすようにする方法論と使うカロリーを増加させていく方法とが、減量を成功させるための方法論としてあり得ます。78-12-130

食事を制限することは、日々の取得カロリーを減らすようにする代表的な方法でありスポーツは体から出すカロリーを増加させていく代表的な方法だと言える傾向にあります。78-1-130

健康を維持したまま体のスリム化を成功させるための方法論として、双方からの進め方が大切です。78-9-130

どちらか片方だけでは減量の効率が損なわれ、健康的な悪い効果が生じるケースがあるためおすすめできません。

日々の取り組みの内容を、方針を考えた後にそれに基づいて決めていくようにします。

理想の体型維持成功とは目標体重まで減らすとは思うべきではありません。

脂肪の付き方やボディバランスが目標としていたラインで体に安定的に馴染み、日常的にキープすることができるという生活を作り上げることが理想の体実現の達成した状態だと思います。


78-15-130 78-13-130 78-5-130 78-14-130 78-2-130