よくあるはじめたばかりの人向けのFXの書籍では、「損失が生じた時はナンピン買いをすることで、全体の買い付け価格を抑える」と書かれていると思いますが、正直ナンピンには相当大きなリスクがある。http://asiastudies.org/

まず、ナンピンの方法に関して簡単に述べます。HMBサプリメント

仮に1ドル100円でドルを買ったとします。光脱毛 メリット デメリットを調査すると

$買いだから円安に動くほど利益が出るわけだが95円まで円高・ドル安が進んでしまったとします。酵素ドリンク コンブチャ

そのままの状態でポジションを所有し続けたらマイナスをなくすためには、マイナス分、円安ドル高に動く必要があります。ボニック

誰でも、損失は早急に取り戻したい思います。

そのためはじめに取引したのと同額分のドルを、1ドル=95円で買います。

これで、全体の買い付け単価は97円50銭まで下げることができますその結果、2円50銭の幅で円安に進めば赤字を失くせます。

こういったことがナンピン買いの方法です。

このような、ナンピン買いの原理を聞くと「確かに」と考えたりするが、マーケットはそう容易には思うようにはいきません。

だいたい、95円が下値だということなど、誰も予想できません。

仮に、相場がかなりの円高ドル安傾向であるならば、1ドル95円では止まることなく、さらに一層円高に進む危険性は高いです。

例として、97円50銭でナンピンをしたとしても95円まで円高に進んだら、ナンピンを入れた分についても損失が生じることになってしまうのである。

そういう状況では一番初めに取引したドルと合わさってより大きな損失が生まれます。

この通り、ナンピン買いはややこしいです。

では、外国為替市場が己のシナリオとは別の方向にみるみる向ってしまった場合どういった術で危険の確率を回避すればいいのでしょうか。

そこで選ぶべき方法は2つだけあります。

まずひとつめは覚悟を決めてポジションを諦める事です。

もうひとつの手段としては、その段階で、自分自身が保持している買いポジションを縮小することによって、マーケットが戻るのをじっと待つ事です。

相当大人しい方法だとみる投資家もいるだろう。

だが、自分が保持している買いポジションに損が出た時最も適切な方法はこれ以外にはありえません。

勿論、ロジックのうえでは、ナンピンを入れるという術もあると思います。

けれどもナンピンは、自分か損失を披っている場面にもかかわらずポジションを無くすどころか買いポジションを重ねていく手段です。

これでは、危機を制御することなど、不可能だと思ったほうがいいです。

ナンピンをしていけばその内マイナスがプラスになるかもしれません。

だがしかし、そうなる前にお金が不足してしまいます。