自動車重量税、通称重量税というものは、国産メーカーの車でも海外の車というような愛車の生産している国やスポーツカー、クーペという自動車のタイプも全て同じでたとえばスズキやフォルクスワーゲン、等にも同様に負担が必須な税のことをいいます。新車登録をする際、もしくは定期車検のさいに支払いが発生する税金なのです。この税額は対象となるクルマの重量によって決まっています。「自動車重量税」と「自動車税」では全く異なる概念ですから勘違いしないようにしてください。「自動車重量税という税金はクルマの重さにより」「自動車税とは自動車の排気量毎に」税額が違います。それで買い取りする際の対応も違ってきますので、注意が必要です。クルマの買い取りの際には支払った車の税金がどれだけあっても、その金額が還ってくることはないです。一方自動車税の場合は既に納めた金額を査定額に足してくれるという事例がありますが重量税については上乗せになるという事例は全然ないといえます。重量税というのは、自動車を売る際納めてある税額があるからと言って自動車買取専門業者でそれが考慮されるケースは少ないのです。そのため次回の支払い、つまるところ次回の車検まで売らずに待ってから買取っていただくのが無駄がないでしょう。車売却時は戻ってこないのが重量税ですが、ある場合でしたら返還される可能性があります。その時は次の車検までの期間が残っている自動車を廃車にする時。要は廃車登録をした際に、残っている車検期間に応じた税金が戻ってきます。ただ、中古車引き取りの際はそのクルマが廃車になるのとは異なり返金されません。それに、手放す車の名義変更をしてしまったケースや、盗まれた際も還付してもらうことは不可能です。自動車重量税が残っている期間がある愛車を買い取るということは、つまり車検の効力が残っている車ということになります。その辺りを買取店も忖度しますので、重量税が残っていればある程度買取額が増えるでしょう。もちろん査定額は買取業者次第でまちまちなのですが、車検がまだあることが忖度されれば愛車の売却額と比べるとそれほど割に合わないということもありません。