女性のステータスの中で特に注目されるものがバストです。胸の大きな女性は包容力があるとイメージがあり、小さい頃誰しもが母親の胸に抱かれて育ったのですから当然といえば当然なのかもしれません。昔からバストアップに良いとされているのが男性に胸を揉んでもらうということです。胸の大きさは女性ホルモンに関係するといわれているのがその理由で、男性に揉んでもらうことによって女性ホルモンの分泌を促すという効果を期待することが出来ることから多くの人に知れ渡るようになりました。また直接女性ホルモンを注射したりという医療も最近注目されています。あとこれも昔から言われていますが、牛乳を飲むこと。これは何故ここまで広まったのか理由が皆目分かりません。成長期にカルシウムを摂取することで身長が伸びたりする効果があるのは理解することが出来ますが、大人になってからカルシウムを取っても怒りにくくなるくらいしか効果はないと思うのですが本当のところはどうなんでしょうか。